読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼氏がいないからブログを書く

やっぱり、こういう、1日で思ったこと・感じたことは

パートナーと夜喋るのが最上の生きる喜びだと思う。

私は去年失恋して話し合えるパートナーがいないから、

今、こうしてブログ(日記?)を書いています。

本当は直接大好きな人と喋って消化して膨らませたいし、

もっと言えば、

あんまり負荷のかかるような内容なら自分で経験したくはない。

お手伝いをして、みんなの役に立てて、自分も少しはできることが広がってて、、、

みたいなことが本当の理想。

やっぱり好きが一番強い

好きなことをしている人ののめり込みが

何よりも強いし、一途で邪念がなくてきれい。

私がしなくてはいけないことは、

自分の好きなことを見つけること。

妥協しても長続きしないことについて

ついつい自尊感情が低くなると

本当にやりたいと思っていることを諦めて

これならできるかも、、、って自分が勝手に決めた選択肢に進んでしまう

けども

それはやっぱり長続きしない

周りのみんなにも迷惑千万な決断だ

ようやくそのことに納得いった 最近

 

長続きしないのは忍耐力がないからではなくて

本当にやりたいことに蓋をしてひずみができるからかもしれない

という可能性をまた一つ引き出しにしまいましょう。

 

こないだの金曜日の会は、得るものが多かったなぁ。

派遣の募集媒体について

やっぱり違和感。

何年か越しの違和感。

ついに心底認めることができた!

非正規雇用だからといって、

場所と時給と簡単な職種だけで仕事を選ぶわけないよ〜〜〜

30過ぎて独身の女が思うこと

一昨日、社内の20代の女の子について、

立て続けに、妊娠、結婚、って情報が来た時は

やはりショックだったかもしれない。

しかしやっぱり30過ぎて独身なのは独身なりの理由があるんだなぁ、、

今日仕事について考えていたらどうでもよくなった。

自分が誇りを持てる仕事をして、自尊感情を高く持てるようになってからだな。次のステージは。

初めて付き合ったのが遅いことについて

やはり気になって仕方がない。

自分がどうして29歳まで彼氏ができなかったのか。

わかっているんだけど、それと何かがリンクしていて、

そのリンクが、今後の自分の行動の指針となるのなら、解明したいもんなぁ。

 

わかっていることは、

自分に自信がない、一方で、自分に自信があって

誰かと付き合うことでそれが制約されてしまうことが恐かったこと。

好きな人、気になる人にどうやってアタックしたらいいかわからなかったこと、

やっぱりこれは自分に自信がないからだな。

小さい女の子が、本命、とか言っているのを見ると、自分にはその時代がなかったと、

小さい頃に色恋について口に出すことがなかったと、不思議な気持ちになる。

 

話はとんでしまうのだけど、高校から大学、大学から就職の時も、

何かを決められるほど具体的に思えることがなくて、

この時も、

自分に自信がある、一方で、自信がなさすぎて、何かを決めるということが

できなかったなぁ、、、

リンクしている気がするのだが、、、

それにより色々な経験をすることとなり、経験をしたからこそ吹っ切れる部分もあって

だんだん生きやすくなっているからいいんだけどね。